香り空間をデザインするゴタス

バーラウンジ マイヨール

さりげなく上品な紅茶の香り

フロントでチェックインの際のおしぼり提供と、飲食を伴うバーラウンジとでは役割が違ってきます。オリジナルのニュアンスを残しながらも、メインはあくまでも食べ物や飲み物だということをわきまえた重要な引き立て役としてのポジションです。

restaurant

バーラウンジ

既にロビーエントランスでの演出や、アメニティとしてオリジナルの香りを展開しており、次の段階の香りの導入です。入浴剤や演出としての印象的な香りをそのまま使用すると香りが強すぎるため、状況やバーラウンジの落ち着いた雰囲気も加味したアレンジを加えました。

Project information

  • clientバーラウンジ マイヨール

  • start date2014.09.01