香り空間をデザインするゴタス

ホテルモントレエーデルホフ札幌

エーデルホフはドイツ語で貴族のお屋敷

19世紀末のウィーンの雰囲気をそのまま閉じ込めたロビーには、ロマンチックで温かい紅茶の香りを。茶葉に香りを落とすために使用されたベルガモットの果皮から抽出したオイルで、上品に館内を彩ります。貴族の間で愛されたアフタヌーンティーの香りです。

lobby

ロビーエントランス

建物のコンセプトや雰囲気と香りを合わせることで、ホテルの表情はよりドラマチックなものへと変化します。行き交うゲストやフタッフの笑顔も相まると、印象深い特別な場所として多くの人の記憶に残ります。

Project information

  • clientホテルモントレエーデルホフ札幌

  • start date2019.11.01